2005年 04月 21日 ( 2 )

初めてのヨーロッパへ

入社3年目の夏休み。
友人T(オーストラリアに留学していた彼女)と、ヨーロッパへ行くことにする。
初めてのヨーロッパ。
最初に行きたいのは、やっぱりあの街、それはParis

今回はツアーを使わず、完全個人旅行。
新宿のH○Sへ、ホテルとair ticketを求めてGO。

応対したのは、なんだか頼りない男性社員。
私達のプランは、Parisから入って、Romeから帰りたい。
そして、できるだけ安く上げたい。
そんなわがままに答えるべく、彼が用意したのは、
香港経由のCX(キャセイパシフィック航空)だった。

CX、オーストラリアの時と、一緒じゃーん!
でも、ご飯美味しかったし、時間がかかる以外は悪くないし、いいか。

何度か足を運んだり、電話したりで、彼と連絡を取るが、
二度うーん?と思ったことがあった。
一度目は、私宛にFAXを送って、と頼んだ時のこと。
送られてきた用紙を見て、目が点に。
「○○ 宛 様」と書かれていたのだ!!!

たしかに私は、「○○ 宛 でお願いします」とFAXした。
“宛” って、名前だと思ったのかしら?

そして二度目のうーん。
それは、私達が旅立つ前に、彼は何の連絡もなく、退職したのだった。

そんなハプニングもあったけれど、私達は旅行の計画を、着々と進めたのだった。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-21 14:54 | 旅の準備

ディナーパーティ

翌日は、また夕方までフリー。
明日は帰国なので、おみやげを買うため、主にショッピングに時間を費やす。

c0043707_21524288.jpg夕方からは、ディナーパーティ。
愉快なおじさんバンドの演奏で、幕があけた。
お食事をいただきながら、軽快な演奏に耳を傾ける。

S氏ご本人の登場は、だいぶ時間が過ぎてから。
S氏のいつものトークを聞き、盛り上がる。
そして、オークションが行われた。

S氏、S氏のマネージャーさんなどの私物が放出された。
しかし、皆さんお金持ちで・・・。
母はあまりの金額のつりあがり具合に、すっかり気後れし、何も競り落とせなかった。

最後にS氏を囲んで、全員で記念撮影。
コンサートより、ずっと間近でS氏を拝見できた時間でした。

父からのプレゼントという形で実現した、母娘3人旅行。
初めての海外を、母も妹も楽しんでくれたようだ。
今後このメンバーで行けることは、もうないかもしれないなぁ。


旅行期間:1997年2月6日 ~ 11日
[PR]
by dream_trip | 2005-04-21 14:15 | Australia