2005年 04月 01日 ( 2 )

いきなり観光

朝到着だからって、その後をホテルで過ごすようなツアーではない。
観光もしっかり付いているのだ。
かなり寝不足気味の私達を、現地のガイドさんが元気に迎えてくれる。

バスに乗って、シドニー中心部へ。
母も妹も、初めて見る外国の風景に、ウキウキなご様子。
アパートのベランダの柵が可愛いとか、教会があるとか、いちいち喜んでいる。

c0043707_21495782.jpgお決まりのコースで、ハーバーブリッジやオペラハウス周辺へ。
今日はとてもよく晴れている。
真っ青とはいかないまでも、明るい日差しの下のハーバーブリッジを写真に。
海の青さも手伝って、オペラハウスも真っ白に映える。

c0043707_21501137.jpgオペラハウスのそばで、リボンに飾られた黒塗りの高級車を見る。
近くにウェディングドレスを着た花嫁。
いいなぁ、こんな青空の下、絵に描いたような風景の元での結婚式・・・。


ぞろぞろとご一行様は、オペラハウス周辺を散策。
ガイドさんが、いろいろ説明をしてくれる。
ツアーだと、こういう説明がつくのはうれしい。
へぇ、こんなの知らなかった~ということが、よくある。

でも私、団体でぞろぞろ歩くのは苦手。
元々歩くのが早い(走るのは遅い)ので、まったりテンポについていけないのだ。
気がつくと、いつも一番前を歩いている・・・。

お決まりのDFSに連れて行かれた後、やっと宿泊地に到着です。
ホテルニッコーダーリングハーバー。
まあまあ立地がよく、動きやすいホテルでした。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-01 15:00 | Australia

再びシドニーへ

成田空港で、ツアー参加者が集まる。
このツアー参加者の共通点、それは “S氏のファン” 。
ご夫婦、お友達同士、お1人、グループの形はさまざまだけど、話はほとんどS氏のこと。

幼い頃からドライブ中の音楽と言えば、S氏の曲ばかり。
そんな環境で育った私と妹は、ファンではないにしても、曲には詳しかったりする。
歌詞なんか、見なくても歌えるくらい。
四六時中英語のテープを聴かされていたら、英語が覚えられたのに、と思ってしまう。

しかしこのツアー、人数がすごい。
1つのまとまりは20人程度だが、それが3グループ。
昨日出発のグループもあるらしく、かなりの人数がシドニーまで追っかけているのだ。
皆様、ご苦労様です。
私の母はかなりのファンだと思っていたけれど、足元にも及ばないのかもしれない。

しっかり添乗員付きのツアー。
JALに乗って、ホテルもニッコー、と日本人してます。
でも2人の初海外を抱えていて、英語話せない私。
日本語でいろいろ聞ける人がいるのは、助かります。

成田 → シドニーは、夜行。
翌朝、私は2度目の、母と妹は初めてのシドニーに降り立った。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-01 00:46 | Australia