2005年 03月 07日 ( 2 )

サンシャインコーストへ

私達はメルボルン → シドニーと超メジャーなところを通ってきた。
次はそのまま行くと、ゴールドコースト辺りだが、ここで少しマイナー路線へ。
サンシャインコーストという街を選んだ。

シドニーからマルチドールのサンシャイン空港までは、小さなaircraft。
今回の宿泊は、初めてのコンドミニアムだ。

まずは主な観光地。サンシャイン・プランテーションを見る。
大きなパイナップル “ビッグパイナップル” (そのまま)が目印だ。
パイナップルがなっているところを見て、友人が騒ぐ。
誰もが通る道、木になっていると思っていたようだ。

園内を回るミニトレインに乗り、変わった色のひよこや、子だくさんの豚なども見る。
ほどよく時間も回ったら、今回のお宿へ。

最初の感想。ひろ~い!何でも揃ってる!
何でも揃っているということは、自分達で全部やるということなんだけど。

ベランダには、白いテーブルとイス。
ベランダでお食事するの、夢だったわ~のNと私は、うっとり。
近くのスーパーで、食料品を買ってきて、お外でかんぱーい!

しかし、寝室のクローゼットが、なぜか全面鏡張り。
Nは気持ち悪がって、寝られないだって。
1人別室で寝たのでした。
[PR]
by dream_trip | 2005-03-07 22:51 | Australia

シドニー最後の夕食

シドニー最後の日は、3人そろって市内巡り。

モノレールに乗って、ダーリングハーバーへ行く。
ギフトショップをうろうろしたり、海を眺めながらゆっくり散策。
風が強くて、髪の毛ぐしゃぐしゃ!

タウンホールにあるセントアンドリューズ大聖堂へ、行ってみる。
ゴシック様式の聖堂で、国内最古の教会なのだそう。
時計がついているので、ロンドンのビッグベンみたい?

夕食は、ロックスにある “Philipe's Foote” 。
自分でお肉を選んで、焼くことができるお店なのだ。

体の大きなオーストラリア人向けの、大きな分厚いお肉が並ぶカウンター。
そこで、自分好みのお肉をチョイス。
お金を払って、いざお肉を焼きましょう!

火力が強い。ほっておくと、真っ黒け。
表面が適度に焼けたら、遠火の場所に移さないと炭になりそう。

サイドメニューのポテトやサラダもお皿に盛って、いただきま~す!
自分で選んで焼いたお肉、オージービーフはちょっと堅めだけど、美味しかった~。
屋外のテーブルも、心地よくて、わいわい言いながら食べた。

「ピヨピヨ」と鳥の鳴き声が。
少し先の天井から吊るされた観葉植物のかごに、ヒナ鳥が。
小さい口を一生懸命あけて、親の帰りを待っている姿は、かわいかった。

食後は周辺をお散歩し、夜景をバックに写真を・・・。
出来上がったものは、夜景なんて全然写ってなかった、あーあ。
[PR]
by dream_trip | 2005-03-07 22:28 | Australia