夜市

c0043707_20595659.jpg台湾で一番楽しみにしていたこと。
それは夜市。
こんなお祭りみたいなことを、毎晩やっているなんて、台湾人は実にパワフル。

私達が行ったのは、饒河街観光夜市。
道の両側、真ん中にも、お店がひしめき合っていた。
食べ物、洋服、くつ、おもちゃ etc 何でもアリ!

洋服屋さんで、ちょっとアジアンチックなシャツを買った。
餃子屋さんでは、美味しい水餃子。
すごーく安いのに、美味しかった♪

c0043707_21122154.jpgリンゴ飴ならぬトマト飴が売られていたり、臭豆腐があったり。
ブラブラ歩いているだけで、とっても楽しい。

ブラックパールミルクティ。
ブラックタピオカ入りのミルクティ、飲んでみた。
ぶっといストローで吸うと、タピオカの塊がツルッと入ってきて、おもしろい食感。
かなり私のツボでした。


旅行期間 : 2000年5月25日 ~ 28日
[PR]
# by dream_trip | 2005-11-27 22:22 | Taiwan

台湾のオイシイもの

私は普段、かなりの洋食党。
米粒は何日も食べなくても平気だけど、パンは2日食べない日があるとダメ。
それが、台湾では4日間、全く洋食物を口にしなかったのだ。

c0043707_20411948.jpgおかゆ。
台湾人の朝食は、お粥で始まるらしい。
朝、お散歩に出ると、街にはお粥屋さんがたくさんOPENしている。
5月だというのに気温35℃、私は熱いお粥を朝食にしていた。

台湾のお粥は、ダシが利いていて、とっても美味しい。
種類も豊富で、毎朝迷った。
そう、毎朝食べたのだ。安くて美味しかった。

c0043707_2047943.jpg蛎オムレツ。
小さい蛎がたくさん入った、台湾の定番メニュー。
デパ地下のフードコートで、頼んでみた。
蛎好きにはオススメの一品かな。
炒飯と白身団子のスープも、美味。


c0043707_20524058.jpg小龍包ははずせない。
有名な県泰豊にて。
日本にも各地にできているけど、やっぱり本場の方が数倍美味しかった。
お値段も日本よりずっと安くて、たっぷり堪能☆

コンビニで、いろいろな中華まんを試すのもおもしろかった。
台湾で「私ってやっぱりアジア人だわ」と再認識したのだった。
[PR]
# by dream_trip | 2005-11-22 20:56 | Taiwan

市内観光

c0043707_22264176.jpg
故宮博物館
路線バスではるばる行ったのだけど、広くて見てまわるのに大変だったこと、とにかく寒かったことしか覚えていない・・・。


c0043707_22333432.jpg
二二八和平公園
台湾総統府の近くにある公園。


c0043707_22382862.jpg
中正紀念堂のある、中正紀念公園
国家音楽廰(?)の前では、鼓笛隊が何かの練習をしていた。

公園の正面入口である、大中至正門をくぐると、広大なこの公園。

c0043707_22481429.jpgずっと奥の方に、中正紀念堂。
そしてその中に座っているのが、巨大な蒋介石像。

蒋介石の脇に、直立不動で立っている衛兵さん。
衛兵の交代を、見ることができた。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-24 23:15 | Taiwan

1人でお出かけ

つたない英語で、無事にチェックインを済ませ、お部屋でほっとひといき。
あー、1人でここまで来ちゃったなぁ。
やればできるじゃない!と自分に語りかけたりして。

さて、機内で食べたのは朝食だし、そろそろおなかもすいてきた。
Tの到着は、夕方近くになりそうだから、ちょっくら1人で出かけよう。

ガイドブックを手に、1人ホテルを出る。
知らない土地で、地図を頼りに歩くのって大好き。
目指すは、饅頭の美味しいお店。

ちょっと古い街並みが、昔の日本のようでもあり、なぜかほっとする。
欧米の華やかな街並みも好きだけれど、私ってやっぱりアジア人なんだと思った。

c0043707_2132673.jpg目的のお饅頭やさんに着き、いろいろ迷いながら買った2点。
紫色のおいもの入った、中にアンの入っていないお饅頭。
味のついたお肉の入った、いわゆる肉まん。
ホテルの地下のフードコートで買った、パパイヤジュースも一緒にね。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-21 21:27 | Taiwan

初めての1人飛行機

c0043707_2047463.jpg訳あってTと私は、別々の飛行機に乗ることになった。
私はユナイテッド航空(UA)のマイルがたまっていたので、シンガポール航空(SQ)の、台湾経由シンガポール行きに乗ることにした。
台湾まで、UAの25,000マイルを使っていくことができた(当時)。

朝9時半発の飛行機。
何度も海外へは行っているけれど、1人での搭乗は初めて。
短時間だし大丈夫よ、と思う私と、ドキドキな私がいた。

憧れのSQに乗れるのは、とっても嬉しかった。
CAさんの制服姿に惚れ惚れ(私は女性)しながら、乗り込む。
通路側の座席に座ると、お隣は日本人女性2人連れだった、ちょっと安心。

パーソナルテレビのある座席。
映画をぼーっと観つつ、ガイドブックを読む。
お食事をいただいたりしていたら、あっという間に台湾だ。
拍子抜けするくらい、あっけない1人飛行機だった。

空港に着くと、今度はホテルまで自力で行かなければならない。
ホテルは、台北駅目の前のヒルトン。
台北駅を通るリムジンバスに、乗った。

台北駅のそばで、バスを降りる。
降りたと同時くらいに、そこに待機していた人々が口々に声をかけてきた。
「タクシー、タクシー!」

ヒルトンホテル、ちょっと先だけどもう見えてるし、歩いて行くよ。
しかしそこからが遠かった・・・。
大きなスーツケースを抱え、地下道を歩いていくのは大変だったのだ。
でもまあ、無事にヒルトンホテルにたどり着けたのでした。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-18 20:54 | Taiwan

台湾へのいきさつ

友人Tと旅行へ行く計画を立て始めたのは、2000年が明けた頃だったろうか?
アフリカ大陸に渡ってみたいね、という漠然とした思いから、
「モロッコへ行こう!」ということになった。

調べ物大好きな私、早速モロッコの本を買って、研究を始めた。
ところが・・・

ふとしたことから知った、 “チュニジア” もいいかも、という話になり、
ヨーロッパ経由のチュニジア旅行(2週間)に変更。
さすがに今度は本購入を待ち、ひたすら図書館、ネットで検索。
かなりのスケジュールも立てたところまで、行ったのだが・・・

またも旅行先変更。
都合で長期旅行ができなくなり、急遽近場をセレクト。
そんなわけで、選ばれたのが台湾。
どうして選ばれたんだっけなぁ?
2週間の旅は、3泊4日となったのでした。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-15 21:53 | 旅の準備

Angelina

オルセーに行った後、私はとても疲れていた。
美術館の中を歩き、パリの街を歩き、だったから。

そんなに遠くないところに “Angelina” があった。
モンブランで有名な、サロン・ド・テ。
一度銀座プランタンで食べたことがあり、その甘さと大きさに閉口したのだけど、
やっぱり本店に行ってみたい!と入ってみた。

疲れているときには、甘いものがイチバン!
この時ほど感じたことはなかった・・・。
銀座で食べた時は「もういい」と思ったのに、ペロっといただけて、
しかもその後の私の、元気ぶりといったら!

それ以来、日本でも時々Angelinaのモンブラン、いただいてます。

ブルージュ、アントワープ、ブリュッセル、パリ、6泊8日の旅。
忙しかったようだけど、自由時間も程よくあって、
行きたいところへも行け、充実したツアーだった。
添乗員さんも、とってもいい方だったし、当たり☆ツアーだったなぁ。


旅行期間 : 2000年2月5日 ~ 12日
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-14 21:10 | France

美術館巡り

c0043707_21571449.jpg美術館を思う存分見て回りたい母と一緒だったので、カルトミュゼ3日券を買った。
フリーパスなので、何度でも美術館に出入りできる。

ルーヴル美術館、母にとって、この旅行最大の目的地だったと思う。

c0043707_22326100.jpgそれはもう一生懸命に、ひとつひとつの絵画、美術品を見て回った。
私は途中、疲れて休憩していた・・・。

母が心を奪われた絵画。モナリザ。
カルトミュゼを使って、毎日通って拝んだ。
ルーヴルのそばを通るたび、これだけを見に入場した。

オルセー美術館へも行った。
昔駅だったところを改装したという空間は、ルーヴルとまた違った雰囲気を持っている。

c0043707_22101448.jpg
ルーヴルからコンコルド広場へ続く、チュイルリー公園。
この公園の端っこに位置するオランジュリー美術館に、行ってみたい。
この時は閉鎖中、今も閉鎖中のようだ。
モネの『睡蓮』を、じーっと眺めていたい。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-11 22:25 | France

3度目のParis

c0043707_20435529.jpg小さなプロペラ機は、無事にパリへ到着。

バスに乗り込み、エッフェル塔やコンコルド広場、ルーブルなどを通って車窓観光。
添乗員さんの説明をまじめに聞く。
過去の2回は個人で来たから、こういう説明はありがたかったりするのだ。
そしてバスは、中心よりはずれの方にあるホテルに到着した。


c0043707_2048033.jpg翌朝は早起きして、ヴェルサイユ宮殿に向かった。
母は初めてのパリ。
時間が取れるなら、見ておかなければならない観光スポットだと思う。
あまりのきらびやかさに、なんだか気疲れしてしまうほど。
二度見ても、やっぱりすごいわ・・・。

c0043707_2050377.jpgヴェルサイユから戻ってきたら、今度はノートルダム大聖堂。
あまり時間がないので、かなり忙しいスケジュール。
なのに、塔に上がってみた。
眺めが最高!
遠くにエッフェル塔も見える~。


c0043707_2105429.jpgノートルダム大聖堂のバラ窓。
前回見逃した有名なバラ窓を、今回はしっかり見ることができた。

北、南、西の3つのステンドグラスには、それぞれ意味があるそうだ。
とてもとても美しくて、はぁーっとため息をつきながら、見とれてしまった・・・。


c0043707_2174659.jpg今回、私が一番行きたかったところ。
ステンドグラスが美しいサント・シャペル。
入場でかなり待たされたけど、その疲れが吹き飛ぶステンドグラスの嵐!
言葉がなかった・・・。

床から天井までステンドグラスに埋め尽くされ、あまりに大きすぎて、写真に納まりきらないし。
七色の輝きに照らされながら、しばしの間、ぼーっとしていたのだった。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-07 21:17 | France

雨のBrussel

c0043707_11371882.jpg
ブリュッセル滞在時間は、たったの1日。
しかも冷たい雨。
グランプラス周辺を見て、バレンタインチョコレートを買って、でブリュッセル滞在は終わってしまった・・・。


c0043707_1155825.jpg
この時は、ちょうどバレンタインの直前。
どうせなら、本場の美味し~いチョコレートをプレゼントしようじゃありませんか!
グランプラス周辺には、たくさんのチョコレート屋さんが並んでいて、迷う迷う。

c0043707_11401782.jpgベルギー最後の夜は、グラン・プラス ブラバン公邸地下の “Kelderke" 。
ベルギーらしいお料理をオーダー。

どれもボリューム満点。
アンディーブとハムのグラタンが一押し。
ベルギー人って、ほんとにフリッツ(フライドポテト)大好き。どこへ行ってもフリッツだ。
c0043707_11483075.jpg
さてお次は、小さなプロペラ機に乗って、パリへ移動。
[PR]
# by dream_trip | 2005-10-05 11:50 | Belgium