<   2005年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

本物を見ているなんて!

泊まっているホテルは、素泊まり。
食事はすべて外だ。
c0043707_15211226.jpg3日目の朝食は、ホテルの近くにあるCafeへ。
フランスパンにバター、クロワッサン、コーヒー。
私のイメージする、パリの朝食が出てきた。
フランスパン、美味しい~。
パン好きの私には、パリのフランスパンはたまらないっ!

c0043707_15275652.jpgバスでエッフェル塔へ向かう。
私は結構乗り物好き。
海外旅行に出かけると、できるだけいろいろな乗り物に乗ってみるタイプなのだ。

エッフェル塔、やっぱり背が高いなぁ。
近づきすぎていて、写真に全部入らないよ。
エッフェル塔の下にある公園が、広々としてのんびりでよかった。

c0043707_1530578.jpgおのぼりさんになりきって、エッフェル塔に登ってみる。
と言っても、足でではなく、エレベーターで。
最上階からはパリの街を一望できる。
眺めは最高!でもちょっと怖い。


c0043707_15373832.jpg次は凱旋門。
こちらは登らず、そこそこ近くまで行って、写真だけ。
今までは写真でしか見たことがなかったエッフェル塔や凱旋門を、今こうして自分の目で見ていることに、感激していた。
そして、シャンゼリゼ大通りを、歩いているのだ!
シャンゼリゼ大通りを振り向きながら歩き、小さくなっていく凱旋門を眺めた。

次は、マドレーヌ教会を正面から眺める。
まるでギリシャの神殿のよう(本物を見たことはないけど)だ。
そして、プランタンやマーク&スペンサーなどのデパートを、のぞきに行った。

c0043707_15214244.jpg近くにオペラ・ガルニエがあるので、行ってみた。
重厚な造りの、風格ある劇場だ。
正面から中をのぞき見たが、立派な階段があり、これから始まる夢の世界へ導いてくれているようだった。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-28 15:38 | France

パリ2日目

c0043707_21463548.jpg次なる目的地は、シテ島にあるノートルダム大聖堂。
バラ窓が有名なこの大聖堂、なのに私達は入場しなかった。
何をしに、行ったのかしら?

この時の私には、ディズニー映画の「ノートルダムの鐘」というイメージでしかなかったのだ。
もう少し勉強してから、来るべきだった。
しかし、そびえ立つ塔や彫刻は、とても素晴らしいものだった。

サン・ルイ島へ渡る。
小さな商店が立ち並ぶ通りを歩く。
とても可愛らしい、素敵なお店がたくさん。

島の中央付近にあるアイスクリーム屋さん “ベルティヨン” 。
有名店らしく、お店の外まで行列が。
早速私達も列の最後尾に。
味のしっかりした濃厚なアイスクリームでした。美味しかった~。

一度、ホテルに戻る。
預けた荷物を受け取って、お部屋へ。
安いだけあって、狭い。ダブルベッドだよ、女2人旅で・・・。
でも、寝るだけと割り切ってしまえば、駅にも近いし、よかった。

パリで最初のDinnerは、リヨン駅近くのビストロ。
Menuという定食を、食べてみたかったのだ。
前菜・メイン・デザートを、それぞれ何種類かずつから選べる。

c0043707_215558.jpg私の選んだ前菜。生がき。
勇気ある選択でしょう???
他のテーブルの人のを見て、どうしてもトライしたくなったのです。
これが、とーっても美味しかった!実が大きくぷりぷりで。

c0043707_21571867.jpgメインは、サーモンステーキ。
びっくりする大きさで登場。
マヨネーズ風のソースがよくマッチして、これまたおいしー。



c0043707_21593034.jpgデザートは、りんごのタルトにしてみました。
デザートの時まで、フランスパンを残しておいてくれるのは、嬉しい。
友人がチーズを選んだからかな?

どのお料理もすごいボリュームで、おなかははちきれんばかり!
こんなの毎日食べてたら、太っちゃうなぁ。
記念すべきパリ最初のDinnerは、大満足でした。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-26 22:16 | France

ルーヴル美術館

パニーニでおなかもいっぱいになったことだし、さあ出発。
いきなりルーヴル美術館へ行くのだ。

今日は第一日曜日なので、ルーヴル美術館が無料。
なんて太っ腹!素晴らしい!

c0043707_22274193.jpg無料とあって、長蛇の列。
寝不足の疲れもあるけれど、ここは並ばないと。
あの有名なルーヴル美術館に、今私はいるのだ。
考えただけで、ニヤニヤしてしまうほどだった。

とは言え、私ははっきり言って美術に疎い。
有名どころはまあ知っているけれど、この美術館の広さと作品の数と言ったらすごい!
ピンポイントで見ないと、1日あっても足りないかもしれない。

c0043707_2229656.jpgモナ・リザ、ミロのヴィーナス、サモトラケのニケ ナポレオン1世の戴冠式 etc
ミロのヴィーナスは、背中からパチリ!
美術の本などは、前からの写真ばかりだもんね。

モナ・リザは、ガラスのケースに入って、かなり丁重な扱い。
本物は、本で見るよりずっと美しかった。

それにしても広い。広すぎる。
有名どころは押さえて、私達は次の観光のため、ルーヴルをあとにした。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-22 22:41 | France

憧れのパリに到着

憧れのパリまでは、遠い。
直行便で行っても、12時間以上かかる地。
香港経由の南回りでは、18時間かかって着いた。

早朝4時半。
私達は、シャルル・ド・ゴール空港に降り立った。
空港からは、地下鉄でパリ北駅へ行く。

なぜに電車なのか?
ユーレイルパスの25歳以下版「2等ユースパス」を買っていたからだった。

c0043707_2281644.jpg地下から地上に出て、パリ北駅を経由し、リヨン駅に着く。
宿泊ホテルは、リヨン駅の近くなのだ。
とりあえずホテルに寄って、荷物を置かせていただこうという計画。

荷物を置いて、身軽になったところで、朝食!
パニーニ屋さんを見つけて、即決。
30cmはあろうかという長さのパニーニ。
トマトととろけたチーズが挟まって、おいしー♪
パリで最初のお食事は、お財布もおなかも大満足の一品でした。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-22 21:48 | France

初めてのヨーロッパへ

入社3年目の夏休み。
友人T(オーストラリアに留学していた彼女)と、ヨーロッパへ行くことにする。
初めてのヨーロッパ。
最初に行きたいのは、やっぱりあの街、それはParis

今回はツアーを使わず、完全個人旅行。
新宿のH○Sへ、ホテルとair ticketを求めてGO。

応対したのは、なんだか頼りない男性社員。
私達のプランは、Parisから入って、Romeから帰りたい。
そして、できるだけ安く上げたい。
そんなわがままに答えるべく、彼が用意したのは、
香港経由のCX(キャセイパシフィック航空)だった。

CX、オーストラリアの時と、一緒じゃーん!
でも、ご飯美味しかったし、時間がかかる以外は悪くないし、いいか。

何度か足を運んだり、電話したりで、彼と連絡を取るが、
二度うーん?と思ったことがあった。
一度目は、私宛にFAXを送って、と頼んだ時のこと。
送られてきた用紙を見て、目が点に。
「○○ 宛 様」と書かれていたのだ!!!

たしかに私は、「○○ 宛 でお願いします」とFAXした。
“宛” って、名前だと思ったのかしら?

そして二度目のうーん。
それは、私達が旅立つ前に、彼は何の連絡もなく、退職したのだった。

そんなハプニングもあったけれど、私達は旅行の計画を、着々と進めたのだった。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-21 14:54 | 旅の準備

ディナーパーティ

翌日は、また夕方までフリー。
明日は帰国なので、おみやげを買うため、主にショッピングに時間を費やす。

c0043707_21524288.jpg夕方からは、ディナーパーティ。
愉快なおじさんバンドの演奏で、幕があけた。
お食事をいただきながら、軽快な演奏に耳を傾ける。

S氏ご本人の登場は、だいぶ時間が過ぎてから。
S氏のいつものトークを聞き、盛り上がる。
そして、オークションが行われた。

S氏、S氏のマネージャーさんなどの私物が放出された。
しかし、皆さんお金持ちで・・・。
母はあまりの金額のつりあがり具合に、すっかり気後れし、何も競り落とせなかった。

最後にS氏を囲んで、全員で記念撮影。
コンサートより、ずっと間近でS氏を拝見できた時間でした。

父からのプレゼントという形で実現した、母娘3人旅行。
初めての海外を、母も妹も楽しんでくれたようだ。
今後このメンバーで行けることは、もうないかもしれないなぁ。


旅行期間:1997年2月6日 ~ 11日
[PR]
by dream_trip | 2005-04-21 14:15 | Australia

コンサート

この旅行最大のイベント、S氏のコンサート。
“The State Theatre” というホールで開催された。

コンサートなので、カメラを持って行かなかった。
持って行くべきだった・・・。
とても素敵なコンサート会場だったから。
その素晴らしさを文章にできるほど、記憶力はよくない・・・。

私と妹は、初めてのS氏のコンサート。
ちょっとドキドキしながら、イスに座っていた。
ホール内の調度品も装飾も素晴らしく、きょろきょろしてばかりだった。

ツアーの日本人、オーストラリアに住んでいらっしゃる日本人の方、オーストラリア人etc。
日本人が大半だが、結構外国の方もいらっしゃった。

両手で数えられるくらいしか、コンサートには行ったことがないけれど、
ずっと座って聴いていられるコンサートは、初めてだった。
大人のファンの多い、落ち着いたコンサート。
でもS氏はトークがおもしろい。
トークの時は、思い切り笑わせてくれて、とても楽しめた。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-12 15:01 | Australia

夕方までフリー

c0043707_2136541.jpg夕方までフリーの4日日。
母と妹をどこへ連れて行こう?

モノレールに乗ってみる。
市内を上から眺めながら周ることができるから、結構いいかも。

チャイナタウンを目指す。
中国庭園にある塔をちらっと見て、まずはマーケットシティへ。
って、チャイナタウンじゃないけど。
目的は、パディスマーケット。
私は市場が大好き!
母と妹にも、この雰囲気を味わわせなければ。

c0043707_2137515.jpg所狭しと並べられた、色とりどりの野菜や果物。
日本のものより色が濃くて、大きい。
日本では見られない、珍しいものもたくさん。
「おやつ」にと、気軽に食べられるフルーツを何種類か買ってみた。

衣類やお土産も売っているので、しばし物色。
Tシャツやピアスなど、お土産になりそうなものを購入した。

チャイナタウンは、ちょうど春節の時期。
人も多く、にぎわっていた。

Lunchは飲茶を食べようと、お店を探す。
目的のお店は、長蛇の列。
でもせっかくだから、と並んでみる。
味は・・・、記憶にない・・・。並んだだけの価値はあったのだろうか?

さて、そろそろ帰らなければ。
今日の夕方からは、このツアーの最大の目的であるコンサートがある。
ホテルに戻って、母の体力を回復させてあげないと!
[PR]
by dream_trip | 2005-04-12 14:44 | Australia

ブルーマウンテン観光

3日目となる今日は、ブルーマウンテン観光。
前回のシドニーでも、ツアーに申し込んで行ってきたが、ほぼ同じコースだった。

c0043707_21453713.jpgバスに揺られていると、右手にシドニーオリンピックのメイン会場が見えた。
まだ3年もあるので、だだっ広い広場なのだが。
ガイドさんが教えてくれなかったら、よくある広場なので、気にも留めなかったはずだ。


c0043707_2146052.jpg奇岩スリーシスターズに、再会。
二度見ても、やっぱり奇岩だ・・・。
どうしてあんなに切り立った岩が、3つも並んでいるのだろう?

次に動物園 “Featherdale Wildlife Park” 。
オーストラリアの規則が変わり、コアラは抱っこできなくなっていた。
c0043707_21461787.jpg残念だなぁ。でもコアラにとってはいいことだろう。
人間にかわるがわる抱っこされ続けたら、ストレスもたまるだろうし。

そばまで行って、一緒に写真を撮ることはできた。
何度見ても、コアラってぬいぐるみみたいで、可愛い~。
c0043707_21463944.jpg同じ感想で申し訳ないが、オーストラリアのペンギンは、やっぱり小さいのだ。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-06 14:59 | Australia

いきなり観光

朝到着だからって、その後をホテルで過ごすようなツアーではない。
観光もしっかり付いているのだ。
かなり寝不足気味の私達を、現地のガイドさんが元気に迎えてくれる。

バスに乗って、シドニー中心部へ。
母も妹も、初めて見る外国の風景に、ウキウキなご様子。
アパートのベランダの柵が可愛いとか、教会があるとか、いちいち喜んでいる。

c0043707_21495782.jpgお決まりのコースで、ハーバーブリッジやオペラハウス周辺へ。
今日はとてもよく晴れている。
真っ青とはいかないまでも、明るい日差しの下のハーバーブリッジを写真に。
海の青さも手伝って、オペラハウスも真っ白に映える。

c0043707_21501137.jpgオペラハウスのそばで、リボンに飾られた黒塗りの高級車を見る。
近くにウェディングドレスを着た花嫁。
いいなぁ、こんな青空の下、絵に描いたような風景の元での結婚式・・・。


ぞろぞろとご一行様は、オペラハウス周辺を散策。
ガイドさんが、いろいろ説明をしてくれる。
ツアーだと、こういう説明がつくのはうれしい。
へぇ、こんなの知らなかった~ということが、よくある。

でも私、団体でぞろぞろ歩くのは苦手。
元々歩くのが早い(走るのは遅い)ので、まったりテンポについていけないのだ。
気がつくと、いつも一番前を歩いている・・・。

お決まりのDFSに連れて行かれた後、やっと宿泊地に到着です。
ホテルニッコーダーリングハーバー。
まあまあ立地がよく、動きやすいホテルでした。
[PR]
by dream_trip | 2005-04-01 15:00 | Australia