<   2005年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

コアラを抱っこ

今日は、Nと2人、日本語ツアーに入って観光。
Tは首都キャンベラに行きたいと、1人で出かけた。

数人の日本人とマイクロバスに乗って、出発。
車窓から、シドニーオリンピック開催予定地を見る。
まだあと5年あるので、だだっ広いグラウンドだった。

Featherdale Wildlife Parkに到着。
私達が一番楽しみにしていた場所。
コアラを抱っこして写真を撮ることができるのだ。

ぬいぐるみを抱っこしたコアラを、抱っこさせてもらった。
コアラはつめが鋭いので、コアラだけ抱くと危ないそうなのだ。
柔らかくて温かくて、ふかふか。かわいい♪
まさにぬいぐるみ。本物だとは思えない。

たくさんのコアラが、ユーカリの木につかまっていた。
あまり動かないので、これもまたぬいぐるみのよう。

ウォンバット、ワラビー、カンガルー、エミューetc
ペンギンは、日本で見るのよりミニサイズ。
オーストラリアらしい動物達を、たくさん見ることができた。

次はブルーマウンテン国立公園。
山を覆うユーカリの発する油滴のせいで、青く霞んで見えることから、この名がついたと言われている。
どんより曇っていたので、青くは見えず、グレーだったけど。

悲しい伝説のある奇岩 “スリーシスターズ” 。
“エコーポイント” という展望台からは、周りの景色が一望できた。
美しい滝も見ることができる。

最高傾斜52度、標高差620mのトロッコ列車 “シーニック・レイルウェイ” にも乗車。
シダなどの植物が生い茂る急勾配を下るのは、少々怖いけど楽しかった。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-24 22:19 | Australia

シドニーへ飛ぶ

メルボルン → シドニー間の移動は、飛行機だった。
日本だって国内線があるから、あまり驚くことではないはずだが、
日本国内線にほとんど乗ったことがなく、電車移動ばかりの私には、新鮮だった。

オーストラリアの国内線と言えば、アンセット・オーストラリア航空。
後に倒産騒ぎとなる航空会社。
この旅行中、2回搭乗となるが、私はこの飛行機が気に入った。
機内食が、美味しかったなぁ・・・。

シドニーは、オーストラリア最大の都市。
メルボルンより近代的な感じがした。
メルボルンは、花と緑にあふれたGreenのイメージ。
シドニーは、ハーバーブリッジやオペラハウスなどの海辺の賑わいから、Blue。

小雨の降る天気の中、まず行ったのは、ロックス。
サーキュラキーの西側のシドニー発祥の地だ。
レンガ造りの倉庫がショッピングエリアになっている。

そしてシドニーの顔とも言うべき、オペラハウスへ。
真っ青な空とハーバーブリッジを背景にした、真っ白なオペラハウスの写真。
このイメージで、行った。
どんよりした天気で、間近に見たオペラハウスは・・・。
真っ白ではなかったけど、やはり曲線の重なる屋根は、美しい。

ハーバーブリッジは、霧に煙っていた。
でも、美しいアーチ型の姿は、拝見できた。
晴れていれば、きっと素晴らしい写真が撮れていただろうなぁ、残念。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-23 22:40 | Australia

メルボルンにて

メルボルンの空港では、友人Tが出迎えてくれた。
10ヶ月ぶりの再会だ。

日本は1年で一番寒い2月だが、ここは南半球、真夏。
でも、暑すぎず、心地よい。さわやか!

メルボルンは、 “ガーデンシティ” の愛称を持つほど、緑豊かで美しい都市なのだ。
大小450もの公園があるそうで、色とりどりの花々が、私達を和ませてくれる。
英国調の街並みも、「あぁ、外国に来たなぁ」と思わせてくれる。

メルボルンには、Tのお友達Joanが住んでいる。
Joanは以前、日本のTの家にホームステイしに来ていた。
TはJoanやJoanの友達と、1軒屋をホームシェアしている。

私達もそのおうちにお邪魔した。
4人の各国人が集まって、仲良く暮らしているのだ。
すごいなぁ。同居って結構大変だと思うのに、言葉も違う国の人達で一緒に住むなんて。

メルボルンでは、美しい街並みを歩き、マーケットへ行った。
野菜や果物がたくさん!量り売りされているので、私達も少し購入。
それを持って公園へ行き、座って食べたりもした。

広大なオーストラリア。次はシドニーへ移動です。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-18 14:58 | Australia

出発の日

私とNは、けっこう慎重派。
出発当日も、かなり早い時間に成田に到着した。

荷物を預けてのんびりしようと、CXのカウンターへ行く。
カウンターの係員が、カチャカチャとキーボードを叩いて言った。
「お乗りになる便の到着が遅れているので、乗り継ぎができないかもしれません。
今だったら、台湾経由の便に乗れるので、そちらで行って香港で待ち、メルボルン行きに乗ってください。」

旅の始まりから、考えてもいなかった展開。
のんびりどころか、私達は足早に出国手続きを済ませることになった。

なんとか、台湾経由の香港行きにすべり込み。
無事、機上の人となった。

台湾までに、Dinner(というかSupper)を1食。
CXの機内食は、なかなか美味しかった。
台湾では、降りても降りなくてもいいということだったので、そのまま席に座っていた。

香港へ向けて、離陸。
またもや配られるSupper。
律儀に食べる2人。

メルボルンへは、飛行機が変わるので、香港で一度降りた。
香港からメルボルンへは、23時過ぎのフライト。
そしてまた、こんな深夜に配られるSupper。
まさにブロイラーだった・・・。

翌朝、私達は無事、メルボルンに到着した。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-16 00:18 | Australia

卒業旅行

3回目の海外旅行。
それは、大学の卒業旅行だった。

行き先はオーストラリア。
大学4年生になった時点で、決定していた。
前回ハワイへ一緒に行った友人Tが、メルボルンに1年留学したのだ。

友人Nと私は、1月頃から旅行の準備。
今回はツアーではなく、個人旅行なので、エアチケットを取らなければ。
オーストラリア内での宿泊は、すべて友人Tが手配してくれることになっていた。

H.○.Sへ行く。
初めてなので、勝手がわからない、店員に旅程を話す。
メルボルンに入って、ケアンズから出たい。
あまり費用をかけずに。

香港経由のキャセイパシフィック航空(CX)便を勧められた。
帰りに香港にも寄れるよ~という、売り文句に、二人とも目がキラキラ。
成田 → 香港 → メルボルン
ケアンズ → 香港 → 成田
飛行ルートは決まった。

オーストラリアへはVISAがいる。
これは代行を頼んだ。

ところで友人Tと、どうやって連絡を取っていたのだろう?
思い出せない。
でも、ちゃんと旅程を組んで、国内の移動も宿泊先もすべて手配できていた。
今みたいにEメールもないし、エアメールでやっていたのかなぁ?
[PR]
by dream_trip | 2005-02-16 00:03 | 旅の準備

卵料理のお店

私が唯一行きたいと主張したお店。
Eggs'n Things
深夜からお昼まで開いている、変わった営業時間のお店だ。
オムレツや、クリームたっぷりのパンケーキが食べられるらしい。

3日目の朝食を食べに行った。
思ったほど人は並んでおらず、すんなり入れた。

オムレツをオーダー。
オムレツにはパンケーキがついてくるの。どっちもおいしかった~!
でも、このパンケーキにはクリームは乗っていない。
ホイップクリームつきのパンケーキを頼まないとダメなんだ・・・。
絶対リピーターになるぞ、と思ったお店でした。

毎日、のんびり楽しく過ごして、あっという間の4泊6日。
最初の観光以外は、一番遠くてアラモアナS.C.というくらい、
行動範囲の狭い、あまり動かない旅行だった。

毎日通りがかる度にため息をついた “シェラトンモアナサーフライダー” 。
今度来る時は、この白亜のホテルに泊まってみたいと思いながら。

アメリカ方面は、時差がなければ・・・、と思う。
ハワイも、前回のサンフランシスコも、実は時差ボケ状態だった。


旅行期間 : 1992年6月
[PR]
by dream_trip | 2005-02-09 14:59 | Hawaii

ワイキキビーチとDenny's

新調した水着を着て、昨日散歩中に買った
ベティちゃんのTシャツをはおって、ワイキキビーチへ出発!

ワイキキビーチは、人が多い。
3人寝そべっていられるところを、さがすのは大変。
ホテルからかなり離れたところに、ゴザを敷いた。

海に入った。
あまりきれいではない・・・。
魚もいない。
期待するべきではない?

でも、私達はゴザの上に横になって、ただひたすらおしゃべり。
眠くなったら寝て、のんびり最高!

午前中はビーチでのんびり。
お部屋で休憩して、午後からショッピング。
という、ありきたりなホノルルライフを満喫した。

今の私だったら、ものすごく下調べをして、このお店で買い物して、
お昼はここ、夕食はどこ、と決めて行動するけど、
この時はまだ、海外はよくわからないし、ブランドデビューもしていないから、
特に買いたいものもないし、と行き当たりばったり。

ハンバーガーやアイスクリームの大きさに、単純に喜び、
日本にもあるのに、Denny'sばかり行ってたり。

ほんとにこのとき、Denny'sはお気に入りだった。
キーライムパイが美味しくて、おかわり自由のコーヒーと一緒に、
いつも頼んでいたっけ。
そして私は、コーヒーの飲みすぎで、トイレが近くなり、
お店を出てから15分おきに、トイレをさがしたのだった・・・。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-09 14:31 | Hawaii

憧れのホノルルライフ

ホテルは、ホノルル動物園の近く。
一応、オーシャンビューのお部屋。
ベランダから海を眺めて、「ハワイだよ~」と浮かれる日本人3人。

眠いけど、ここで眠ってはいけない。
散歩へ出かけることにする。

憧れのワイキキビーチ。
青くないなぁ、海。
青くなくたっていいのだ。ワイキキビーチなんだから!

ABCストアで、ビーチサンダルやゴザを買う。
この時買ったビーチサンダル、いまだに私は持っている。
ピンク地にハイビスカスの柄。
たしか5$ぐらいだったと思う。

他にもっと安いのもあったけど、これが気に入って買った。
次にハワイへ行ったとき、買い換えるつもりだったが、もうなかった。
だからいまだに持っている。

夕食は、ホテルのそばにあったDenny's。
アメリカンサイズのお料理とケーキが、なんだか気に入った。
近かったこともあって、何度か通った。

3人で宿泊だと、誰かがエキストラベッド。
実は私達3人、162cm、166cm、170cmの大型。
一番小さなNが、いつもエキストラベッドで寝てくれた。
「どこでも眠れるから、大丈夫よ~」と言って。

私は枕がかわると、あまり眠れないタチ。
でも、明日は海だ!と考える間もなく、眠ったzzz。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-06 22:47 | Hawaii

睡魔と闘う

わざわざ、日本橋で両替をした。
スーツケースは、レンタルせず購入。
水着も新調し、準備万端!

私達は憧れのハワイ(ホノルル)へ、飛び立った。
もうワクワクで、機内でも落ち着かない。
眠るなんて、ムリ!

そして、憧れのハワイへ無事着陸。
ツアーの現地係員のお出迎えを受け、バスに乗り込んだ。

現地は今、朝だけど、日本は真夜中。
機内で眠らなかった私達に、眠気が襲う~。

安いツアー。ここからが大変。
チェックインは、午後3時。
それまでは、市内観光へ連れまわされるのだ。

ヌアヌパリ、パンチボウルの丘、カメハメハ大王像、ダイヤモンドヘッドetc
ヌアヌパリの強風は、ひどい写真で、残っている。
カメハメハ大王は、ぜひお会いしてみたかった。
♪「みなみのー しまの だいおうは」♪ と口ずさみながらね。

昼食会場では、ツアーの注意事項などを聞かされる。
もう、睡魔との闘い。
注意事項なんて、右から左だ。
「ここで寝たら、ずっと時差ぼけ、直りませんよ。がんばって」
などと、現地の方は言っている・・・。ねむい。

15時前、これから4泊するホテルへ、やっと連れて行ってもらえた。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-06 22:46 | Hawaii

両替するには日本橋?

初海外から、丸4年。
私は海外へ行くことがなかった。
行きたくなかったのではなく、行くきっかけがなかっただけ。

私の通った大学は、6月に1週間のお休みがあった。
大学2年生になり、友人と3人で、旅行を計画した。

最初の候補は、沖縄。
“る○ぶ おきなわ” まで買って、張り切っていたのだが。

友人が「沖縄とハワイ、同じくらい(の料金)で行けるよ」と言い出した。
ハワイ・・・ 憧れの響きだわ~。
3人の心は、ハワイへ飛んだ。

メンバー
友人N : 私と同じく、高校時代にアメリカにホームステイ。海外は2度め
友人T : 初めての海外
私   : Nと同様

ツアーも予約して、さあ両替をしに行こう。
浦和に住んでいたのに、私達は両替のために日本橋へやって来た。
そして・・・

私達は日本銀行本店に、乗り込もうとしたのだ!
重厚な造りの日銀の周りをぐるぐるして、入口をさがした。
一般人の入口なんて、あるわけない。

守衛さんに聞いた。
「両替しに来たんですけど、窓口どこですか?」

苦笑された。そして、守衛さんは言った。
「ここは両替できませんよ。その先の東京銀行へ行ってください」。

どうしてわざわざ、日本橋まで行ったんだろうなぁ。
行った理由は忘れたけど、窓口探して守衛さんに断られたことは、今でも鮮明に覚えている。
「どうせ両替するなら、日本で一番有名な銀行へ行こうよ」
なんて、バカなことを考えていたんだろうな。
[PR]
by dream_trip | 2005-02-04 23:38 | 旅の準備