カテゴリ:Italy( 3 )

ローマ最後の日

c0043707_14443843.jpgバルベリーニ広場のトリトーネの噴水。
ローマを歩いていると、よく噴水を見かけた。
暑いなぁと思っているときに、噴水を見ると、涼を感じることができてほっとする。

今日の最初の目的地は、この広場から近いところにあった。
サンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ教会。
「骸骨寺」なのである。
私はホラー映画とか、怖いものは苦手。
なので、正直行くのはいやだった。

中に入ってみると、それはもう「人骨」ではなくアート。
壁も天井も、すべて人骨で装飾されている。
どうして、人骨でこういうものを作ったのかしら???
不思議と、あまり怖さを感じなかった。
でも真夜中に1人では、絶対にいられない・・・。

c0043707_22162548.jpgc0043707_222436100.jpgお決まりのコース、スペイン広場とトレビの泉。
トレビの泉は、思ったより大きいのと腕が悪いので、全体が入った写真が撮れない・・・。
それにしても、ローマの人、石像が好きだなぁ・・・。
“ローマの休日” を観ていないので、スペイン広場も「これがあの有名な」という感じ。
もうちょっと勉強してから、行きましょう。

c0043707_2233062.jpgスペイン広場近くで、ちょっと休憩。
お茶のできる場所をさがして歩いて、偶然見つけたお店。
ティラミスとカプチーノをいただきまーす!
ティラミスがめちゃくちゃ大きくて、ボリューム満点!
疲れた体に、心地よく広がる甘さでした。

初めてのヨーロッパの旅も、これでおしまい。
ローマからまた、香港を経由して、成田へ戻ったのでした。
機内で、次はソウルへ行くぞ!と約束をして。


旅行期間 : 1997年9月6日 ~ 15日
[PR]
by dream_trip | 2005-05-17 22:55 | Italy

ヴァチカン市国

c0043707_0295527.jpgローマ市内にある、世界一小さい国。
ローマに来たなら、ぜひ訪れてみたいと思っていた国だ。
ローマ2日目は、ヴァチカンを目指して行動開始。


c0043707_0382724.jpgまずは、ヴァチカン美術館。
芸術ものに疎いけど、やっぱり有名どころには行っておきたい。
頑張って早起きしたので、入場の列は思ったほどではなかった。
内部は写真撮影不可だと思って、全く写真が残っていない・・・。
ながーい廊下、彫刻や天井画に、圧倒される。
ルーヴルもヴェルサイユもそうだけど、どうして天井にあんな絵が描けるんだろう?


ヴァチカン美術館の中でも、最大の目玉、システィーナ礼拝堂。
教皇選挙の “コンクラーベ” の会場でもあるらしい。
システィーナ礼拝堂で最も有名な絵画と言えば、ミケランジェロの “最後の審判” 。
鮮やかな水色が、とても美しかった。

c0043707_1428612.jpg美術館をあとにし、サンピエトロ寺院へ行く。
中に入った瞬間、ものすごい衝撃を感じた。
なんだろう、この空間は?
壁や天井の装飾は、ため息が出るばかりの素晴らしさ。
たくさんの石像たち。
巨大なクーポラを、下から眺めることもできる。
さすがカトリックの総本山。
スケールが違うなぁ。
多くの観光客が訪れているにもかかわらず、ざわざわとした感じではなく、荘厳な雰囲気をかもし出していた。

c0043707_14254044.jpgクーポラは展望台になっていて、上がることができる。
せっかく来たのだから、上がってみることにした。
予想以上にキツかった・・・。
上に行けば行くほど。天井が低くなって、らせん階段は狭くなって・・・。
しかし、上から見たサンピエトロ広場、ローマの街並み。
すべてが帳消しになってしまうほど、素晴らしい光景を見ることができて、感激だった。
[PR]
by dream_trip | 2005-05-17 14:33 | Italy

ローマは暑かった

c0043707_23341960.jpgジュネーブから、ローマへ行く寝台列車に乗った。
寝るだけのスペースかと思ったら、一応洗面台もついていた。
ふたが閉まるようになっている。面白い。

部屋の鍵を閉めていたら、車掌さんが検札に来た時、「開けておいて」と言われた。
みんな開けっ放しなの?危ない気がするけど。

枕が変わるとあまり眠れない性質なので、旅行中は常に寝不足。
寝台列車の寝不足は、結構こたえた・・・。
翌朝ローマに着くと、さんさんと太陽が輝き、アツイ!

ローマの宿泊先は、テルミニ駅近くの小さなホテル。
荷物を預けて、さあ観光。

c0043707_2342337.jpgコロッセオ。
言わずと知れた、ローマの象徴。円形競技場である。
昔の人は、こんなところで人を闘わせ、眺めていたのか・・・。
写真で見ていたコロッセオより、本物はずっとずっと迫力があった。
すぐそばの道路を、車がひっきりなしに走っていることにも、驚きだった。

c0043707_23535378.jpg








フォロ・ロマーノ。
こんな巨大な遺跡が、街の中にフツーに存在することが信じられない。
月並みだけれど「すごいねー」と言うことしか、できなかった。

サンタマリア・イン・コスメディン教会へ行き、真実の口に手を入れてみたり、
ヴェネチア広場へ行ったり、暑さの中、とにかくよく歩いた。
しかし、寝不足と暑さで、15時過ぎに燃料切れ。
頭がガンガンしてきて、ホテルに戻って休憩。

c0043707_0163774.jpgDinnerは近くのレストランへ出かけ、パスタやカルツォーネをいただき、体力回復。
可愛らしいカプチーノもいただいたし、明日も歩こう!
[PR]
by dream_trip | 2005-05-07 00:16 | Italy