ブルージュ1日目つづき

c0043707_2238159.jpgCafeを出た私達は、鐘楼を目印に戻ればいい、とあてもなく歩き始めた。
目に見えるすべての風景が、今まで思い描いてきた「ヨーロッパの小さな街」そのもの。
とても疲れているはずなのに、疲れを忘れて歩き回りたくなってしまう。


c0043707_22415018.jpgマルクト広場に面して経っているのは、州庁舎と郵便局。
鐘楼と共に、街の中心であるマルクト広場の風景の1つ。
裏手にあるブルフ広場には、市庁舎も建っている。
見事な装飾を施した建物たちは、可愛らしいブロックのような家とはまた違う、荘厳な雰囲気を持って建っているのだ。

c0043707_22492175.jpgブルージュのシンボルと言えば、鐘楼。
マルクト広場に高くそびえ立つ塔は、朝に夕に、カリヨンの音色を響かせる。
私達は、何度となくこの鐘楼を目印とし、カリヨンの音色を聴き、塔を見上げたことだろう?

夕食は、マルクト広場のわき道を少し入ったレストランに決める。
せっかくベルギーに来たのだから、飲めない私も少しだけ、ベルギービールで乾杯!
フランボワーズのビール。
爽やかな香りと酸味がして、飲みやすかった♪

c0043707_2256481.jpgメインは、Tがお肉。私は魚を選ぶ。
そして出てきたのは、魚のフライ・・・。
メニューが読めなくて適当に頼むと、たいてい魚のフライに当たるのだ。
美味しいし、好きなんだけど、疲れてる時にこのボリュームはツライ。
しかも、サイドには山盛りフリッツ(ポテトフライ)。
ベルギーの方々には、当たり前の付け合せのようで、必ずついてきた。
これまた美味しいんだけど、後でくるんだよね~。
おなかいっぱい食べて、ブルージュ初日は終わりです。
[PR]
by dream_trip | 2005-06-08 12:49 | Belgium
<< レンタサイクルに乗って やっとベルギー >>